一関市社会福祉協議会  支 部 だ よ り

 今日もワイワイ賑やか、元気いっぱい真滝児童館 
<一関支部>(2017-8-8更新)

 真滝児童館は一関地域で唯一の健全育成型の児童福祉施設です。
 滝沢小学校の近隣にあり、子ども達が仲間と遊んだり、語り合ったりできる自由な場所です。
 真滝児童館には毎日、放課後1~6年生50~60名の子ども達が「ただいまー」と自由に来館し、宿題、砂遊び、ボール遊びなど、それぞれが好きなことをして過ごします。遊びの中で泣いたり笑ったり、様々な経験を通して社会のルールを学びます。
 行事は月に1~2回行い、5月は母の日のプレゼント作りをしました。
 また、地域の方々のご協力をいただきながら、年1回『じどうかんまつり』を開催し、昨年度は280名の参加で盛り上がりました。
 子どものための児童館です。職員も子どもの目線に立ち、子どもの思いを地域社会に反映していきたいと思います。

 ご利用ください!花泉総合福祉センター 
<花泉支部>(2017-8-8更新)

 花泉総合福祉センターはどなたでも利用できる公共施設として、平成26年度から市の指定管理を受け運営しております。4月から和室に腰掛けの座椅子60脚と、それに合わせた座卓かさ上げ台を導入しました。毎月第1、第3木曜日に利用している囲碁同好会の代表・稲辺哲郎さんは『使いやすく足腰が楽で大変助かっている。囲碁同好会にもぜひ遊びに来てください。』との声があり、好評をいただいております。お気軽にご利用ください。
 ご予約、お問合せは花泉支部までお願いいたします。

大東支部からのお知らせ

平成29年度 介護職員初任者研修課程受講者の募集について

― 受講生募集!―

介護に興味をお持ちの皆様介護を基礎から学んでみませんか?
働きながらでも資格が取れます!!

※介護職員初任者研修とは…
 2013年4月よりスタートした新しい資格です。これまでのホームヘルパー2級に代わる資格です。また、この介護職員初任者研修は、介護福祉士へ至るキャリアパスの入口にあたる研修として位置づけられており、在宅・施設のどちらでも基本的な介護実践できるようになるための正しい知識と技術を学びます。

 ◆期  間 / 平成29年10月21日(土)~平成30年2月11日(日)
           21日間130 時間
 ◆会  場 /大東保健センター(一関市大東町渋民字大洞地55-8)
 ◆受講料 / 10,000円(税込)  ※別途テキスト代がかかります。
 ◆定  員 / 15名
 ◆申込期間 / 8月21日(月)~9月22日(金)
 ◆申込の流れ
   ①電話にて下記までお問合せください。
   ②申込用紙に必要事項を記入し本人確認書(住民票もしくは、運転免許証、健康保険証、

    年金手帳のいずれかのコピー)を添付の上、郵送またはFAXで下記までお送りください。
 ◆申込み先 / 一関市社会福祉協議会大東支部  電話 71-1177 FAX 71-1181


☆詳しくは、こちらをご覧ください。→ 開催要項
★お申し込みついては、こちらの申込書をご利用ください。→ 介護職員初任者研修 受講申込書

 地域に憩いの場「ほっこりカフェ」オープン 
<大東支部>(2017-8-8更新)




 5月28日に、大東町興田丑石地区に空き家を利用した集いの場をH(えいち)28レディース「蓬莱の郷(ほうらいのさと)」地域活性化隊が中心となりオープンしました。
 オープニングで佐藤真由美会長は、「このカフェが、地域のみんなが集まる場として、コミュニティの中心となることを願っている」と挨拶しました。
 その後、地区内で収穫したよもぎを使った「よもぎ茶」や「よもぎはっと」などが振る舞われました。
 カフェは、ふれあいサロンや世代を超えての交流の場など地域活性化に利用されます。

 無理のないサロン活動を! 
<千厩支部>(2017-8-8更新)

 4月25日千厩農村勤労福祉センターにてふれあいサロン研修会を開催し、地域のサロン世話人等49名の参加をいただきました。
 意見交換、サロンへ貸し出すカルタや輪投げ等の展示紹介、市役所千厩支所によるレクリェーション指導等を行いました。
 サロンを楽しみにされている地域のお年寄りのためにも、市や社協を上手に活用し、お互いの情報交換をして、世話人が無理せず、長続きできるサロン活動を。そのための一助になればと思います。

 劇団による初笑ショーを観覧~ひとり暮らし高齢者の集い~ 
<東山支部>(2017-8-8更新)

 ひとり暮らし高齢者の集いが、3月21日、奥州市の薬師堂温泉を会場に、45人の高齢者が参加して開催されました。
 今回の集いでは、秋田の劇団「桜龍」による初笑ショーを観覧しました。笑いと涙ありのお芝居と迫力ある歌謡ショーであっという間の時間を過ごし、参加した方々の笑顔がたえない時間となりました。


 念願の車いす移送車をいただきました 
<室根支部>(2017-8-8更新)

 3月7日、盛岡市ふれあいランド岩手において、「24時間テレビ」チャリティ委員会からスロープ付き普通自動車を寄贈いただきました。
 テレビ岩手の楢崎憲二社長から、「全国の皆様からの募金で購入したものであり末永くお役立てください」とお言葉をいただきました。
 大切に末永く通所介護事業で活用させていただきます。

 阿弥陀様も喜ぶ~新町ふれあいサロン~ 
<川崎支部>(2017-8-8更新)




 新町いきいきサロンでは、5月1日、新町会館に約20名が集まり、近くにある阿弥陀堂の掃除や草取りを毎回行っています。古くから大切にしてきた小さなお堂を掃除し作業を終えてから、お茶会となります。今回も手作りの春の山菜がならび参加者からは「毎月、阿弥陀様も綺麗になり、みんなで賑やかに過ごすのが楽しみ」と笑顔があふれるサロンでした。


 ボランティアによる手作りおやつ『よもぎ団子』 
<藤沢支部>(2017-8-8更新)

 5月19日、特別養護老人ホーム光栄荘(菊地由紀所長)で、中庭を利用した「喫茶の日」を開きました。喫茶の日のきっかけは、平成14年、手作りおやつのボランティアとして、藤沢町食生活改善推進員OBが中心となって「やまぼうしの会」を立ち上げ、以来、多くの会員の皆さんから協力をいただき、また、昔懐かしいおやつ作りや入所者との交流に花を咲かせてきました。今回のおやつは、「よもぎ団子」です。朝取りしたよもぎを茹で、水気を取り、きざみ、すり鉢を使って丁寧に摺りおろします。そのほか、団子粉、白玉粉、豆腐などを使い、食べやすいように工夫しました。この日は五月晴れに恵まれ、よもぎの味で季節感を楽しみながら、歌やゲームに和やかなひと時を過ごしました。

▲TOP

©社会福祉法人 一関市社会福祉協議会